2013年02月26日

イタリアショック!イタリア総選挙で政局混乱は必至

<イタリア総選挙>中道左派が上院過半数届かず 改革失速も(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130226-00000013-mai-eurp

欧州が揺れています。イタリア総選挙の結果、財政緊縮派の与党、中道左派連合が大失速し、イタリア政治が混乱に陥ることが懸念されています。

上院の最多議席は守ったものの、31.63%と過半数には遠く及びません。反緊縮派の中道右派連合が29.18%と続き、コメディアンベッペ・グリッロが率いる新政党が25.55%と躍進しました。

これにより、イタリアの財政緊縮改革は失速必至で、一部では「最悪の結果になった」とまでささやかれています。市場では円高が進み、世界中で株安の流れが見られます。

これが後にイタリアショックなどと呼ばれることにならなければ良いのですが、、、。


posted by FUJI at 22:03 | Comment(0) | 国家財政ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

イギリス国債格下げ。苦しいのは世界中、どこも同じか。

英国債格下げ、最上級から1段階…ムーディーズ(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000377-yom-bus_all

最上級の格付けを保持していたイギリスが、ムーディーズによって1段階引き下げられました。公的債務の増加が嫌気されたようです。

世界経済への影響は限定的だと思いますが、このご時世、財政健全な国なんてものはなかなかないのかもしれません。


posted by FUJI at 15:40 | Comment(0) | 国家財政ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

根深いギリシャの闇 失業率過去最悪を更新

ギリシャ失業率、最悪の27.0%=上昇に歯止め掛からず―昨年11月(時事通信)
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130214-00000168-jijnb_st-nb

最近ほとんど報道されることがなくなった欧州債務危機。危機は去ったのかと思いきや、統計を取り始めて以来、最悪の27%を記録しました。
特に深刻なのが、15才から24才若年者。なんとこの年代の失業率は驚異の61.7%。ギリシャでは、若者は無職がデフォです。すげえ国だな。

なぜこんなに歪なことになっているかというと、すでに働いている労働者は、権利だなんだで保護される。しわ寄せくらうのは、まだ働いていない、これから働く新社会人というわけです。労働者をクビにしたら不当解雇だとか言われるかもしれませんが、求職者を不採用にしても、不当不採用だとは言われません。

若者に冷たく、年寄りに優しい。これは、日本に限った話ではないのかもしれません。


posted by FUJI at 23:09 | Comment(0) | 国家財政ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。