2010年02月21日

イギリスで国債信用危機

<英国>財政赤字、急拡大 国債利回り高騰(毎日新聞)

 イギリスの国債金利が急上昇しているそうです。その数字は4.276%と、財政不安を抱えるイタリアやスペインを抜きました。さすがに今話題のギリシャには及びませんが。

 金利上昇の原因として、止まらない財政赤字が背景にあるようです。所得税、法人税の歳入時期であり、さらに付加価値税(イギリス版消費税)まで引き上げたにもかかわらず、いつもなら黒字の一月が赤字となり、信用不安に火がついたようです。

 けっして、対岸の火事ではありません。

posted by FUJI at 15:17 | Comment(2) | 国家財政ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■2010年 世界主要国、国家財政危機ぼっ発か―日本がデフォルトを起こすのは、世界で一番最後?!
こんにちは。最近、世界主要国国家財政危機がささやかれ始めています。それこそ、最近のギリシャの破綻に見られるようなことが、他の主要国で起こりえるということです。それは、もっともなことだと思いますが、ただし、日本は例外だと思います。歴史上始まって以来、一国の政府がデフォルトを起こした(破綻した)のは「政府の海外からの外貨建て負債」のみです。これに関しては一つの例外もありません。また、政府がデフォルトする際には、必ず通貨危機とセットになっていまた。最近のギリシャの事例もまさにその通りでした。日本はどうなのでしょうか?ギリシャとは全く反対に、対外負債ではなく、対外債権(日本が外国に貸し付けてるお金)は、過去18年間世界一です。こんな国がなんで、デフォルトをおこすとマスコミやアメリカの投資銀行あたりが考えるのか全く理解できません。それに、日本は通貨危機どころか、最近は落ち着いているものの、どちらかというと円高基調です。日本がデフォルトをおこすのは、こうした論拠から世界で一番最後になるはずです。だって、世界に一番お金を貸している国なんですから!!詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2010年03月01日 14:20
yutakarlsonさんへ

コメントありがとうございます。

yutaさんにその意思があったかどうかは別として、日本財政危機の持論を展開すると、「日本がデフォルトするはずはない!」との反論が寄せられることがあります。

 私も、日本のデフォルトは100%ないと断言しています。何千兆円国債を発行しようと、その分お金を印刷すればいいだけだからです。私が恐れているのは、それに伴う円安とインフレだけです。これは、何十年も待たずにやってくると信じています。
Posted by FUJI at 2010年03月02日 02:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。