2011年02月14日

日本国債の格付けはなぜ引き下げられるのか

日本国債の格付けはなぜ引き下げられるのか (ニューズウィーク日本版)

池田信夫氏による、日本国債格下げの考察です。
短期的には債務不履行の危険はないが、赤字体質の改善が図られる見込みがなく、長期的には財政危機を避けられないことが格下げの要因になったとの見方を示しています。

現在国債を買い支えているのが国内の銀行勢であることは周知の事実ですが、彼はその邦銀の国債買い余力に注目しています。
現在、邦銀の預金残高から貸出残高を引くと、150兆円ほどあるそうです。この150兆円が、いわば余ったお金。現在余ったお金は国債に流れています。

150兆円もの余力があれば、40兆円の国債を消化するなんて余裕です。しかし、これが後4年続いたらどうでしょう。単純計算で、余力はなくなります。そうなると、外国に買ってもらうしかないわけですが、外国はこんな低い金利では買いませんから、金利は急上昇。経済の混乱の始まりです。

いつまで国内だけで消化できるのか。それが出来なくなる日は、確実に近づいています。

posted by FUJI at 22:27 | Comment(0) | 財政危機研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。