2011年07月01日

国債が国内で消化出来なくなる日、それは2015年

日本国債の下落不安 リスク減らす投資術
http://www.nikkei.com/money/column/jiyujin.aspx?g=DGXNMSFE2300W_23062011000000
日経

日本国債は国内で消化されているから現時点では大丈夫です。しかし、このままがんがん国債発行が増えていくと、いずれ国内だけでは消化できなくなります。

それが2015年以降には訪れる可能性があると指摘しています。もう5年もありません。しかし、昨今の財政事情を見ていると、あながちあり得ない話ではないと思います。

こんな国債、怖くて投資できないと断念している方がいるかもしれませんが、コラムでは様々な残存期間の債権を組み合わせることでリスク回避できると紹介。しかし、いまひとつ持つ気にはなれないのが正直なところです。

posted by FUJI at 12:54 | Comment(0) | 財政破綻予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。