2013年01月10日

イタリア・スペイン国債双方利回り低下

スペインが今年初の国債入札で58億ユーロ調達、利回り低下(ロイター)
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130110-00000075-biz_reut-nb

イタリアの1年物国債入札、利回りが3年ぶり低水準(ロイター)
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130110-00000087-biz_reut-nb

イタリア国債の利回りは実に3年ぶりの低水準。スペインも過去10ヶ月で最低の利回りです。
念のため付け加えておくと、人気が出ると利回りが下がるので、イタリアもスペインも国債がよく売れている、つまり信用されているということです。

その背景には、いざというときには欧州中央銀行が買い入れを実施する姿勢を見せていることがあるようです。


posted by FUJI at 23:53 | Comment(0) | 国家財政ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。