2013年01月25日

4年ぶりに国債の税収超という歪構造は解消される見込み

一般会計93兆円台半ば=税収43兆円、国債発行上回る―13年度予算案(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130125-00000175-jij-pol

2013年度の予算案が大筋で固まりました。税収は43兆円以上を見込み、これに対して国債は43兆円以内に抑えます。税収よりも国債発行額の方が多いという異常事態が解消されるのは、実に4年ぶりとのことです。

この1点だけでも評価できると思います。日本の財政再建は、とりあえず税収より借金が多いという異常な体質を解消することから始まると言い続けてきましたが、やっと実現しました。

それでも、財政再建の一歩を踏み出したというよりは、まだ靴を履いたぐらいだと思います。次の一歩はデフレ不況脱出ですね。


posted by FUJI at 20:33 | Comment(0) | 国家財政ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。