2012年12月17日

自民党の歴史的大勝利!一方投票率は戦後最低水準

自民党優位は選挙前から伝えられていましたが、蓋を開けてみると自民党大勝利!テレビ朝日の選挙ステーションでは、古館アナが「とんでもないことになった」、「(自民党の今後の政治運営は)国家の存亡にかかわる」、自民の世襲当選議員に対して、「これも世襲、これも世襲」などと発言し、完全にお通夜モードだったのが面白かったです。ところが、、、。

投票率は59%前後 戦後最低の可能性も 衆院選(朝日新聞デジタル)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121217-00000002-asahi-pol

これだけ話題とネタ?の多い選挙でしたから、てっきり投票率はそこそこ行くのではないかと思っていましたが、戦後最低の可能性もあるそうです。選挙前には、若者が選挙に行けば絶対に日本は変わる。だから、若者は選挙に行こう!と呼びかけた者としては、非常に残念ではあります。もちろん世代別の投票率はまだ出ていませんけどね、、、。天気も良かったのに、、、。

よく言われるのは、「入れるところがない」ということですが、これは嘘ではないでしょうか。「核兵器を持って、自衛隊を大日本帝国軍に改編し、アジア・アメリカに侵攻して大日本帝国を築き上げたい!」という意見をお持ちの方は、そりゃあそんな政党はありませんので、「入れるところがない」ということになるでしょうが、保守系から社会主義系まで、経済政策も原発もありとあらゆる意見の政党が揃っていますので、普通は自分の考えに近い政党が見つかるはずです。結局は、入れるところがないと言う方は、本当に入れるところがないわけではなく、自分の中に思想も信条も意見もないだけではないでしょうか?
政治のレベルは国民のレベルだと言われます。政治がダメだダメだと言っている人は、思想・信条・意見を持って投票していますか?
自戒を込めて書いてみました。


posted by FUJI at 02:52 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

若者の皆さんへ あなたが投票に行けば、日本は簡単に変えられる

今週末は選挙ですね。こんな記事を書いている私も20代ですが、だからこそ、若者のみなさんに訴えたいことがあります。

政治不信や、どこに入れても同じといった政治への無力感から、関心が薄れ、選挙に行かないという若い方が多いのではないかと思います。事実、投票率は団塊の世代が一番高く、20代は極端に低くなっているそうです。

ただでさえ団塊の世代は人口が多く、若者は数が少ないのです。選挙結果に与える若者の影響は、本当に微々たるものになってしまっています。

その結果何が起きるか。若者軽視、高齢者重視の政策を掲げれば、選挙に勝てるのです。今、年金の支払いが厳しいですよね。厳しいから財政に見合った支給に減らします。ではなく、私たち労働者の天引きを増やしています。定年後も働ける場所を確保しようという政策が大々的にうたわれ、定年自体が伸びている会社も多くあります。しかし、若者の雇用を確保しようという声はそれに比べ、あまりにも小さいと思いませんか?選挙の時にちょっとキャッチフレーズ的に言うだけのところが多くありませんか?はっきり言って、選挙に来ない若者は軽視されているのです。

極端なことを言えば、投票先はどこでもいいのです。どこに投票してもいいから、20代の投票率を例えば99%まで上げることができたなら…。政治は、若者の声を無視できなくなるはずです。

若者のみなさん、あなたが投票すれば、この国は絶対に、簡単に変えることができます。そして、いざ投票することになったら、結構自分なりに考えて選ぶことになると思いますよ。


posted by FUJI at 22:49 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

北朝鮮 延期発表直後にミサイル発射

北ミサイル発射 韓国「北の情報に踊らされた」(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121212-00000131-san-kr

完全に北朝鮮に弄ばれた格好です。ミサイルに不具合が生じたと発表し、発射日の延期を公表する中での突然の発射。ミサイル解体情報とはなんだったのか。

実は、北朝鮮はミサイルを発射するつもりがなく、周辺国を揺さぶっているだけだ!とドヤ顔でテレビで解説していた方が、不憫でなりません。


posted by FUJI at 21:53 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。